JR京浜東北・根岸線
大宮駅 赤羽駅 浦和駅 与野駅 北浦和駅 南浦和駅 蕨駅 西川口駅 川口駅 さいたま新都心駅
JR埼京線
戸田公園駅 戸田駅 北戸田駅 武蔵浦和駅 中浦和駅 南与野駅 与野本町駅 北与野駅 日進駅
JR川越線
日進駅 指扇駅 南古谷駅 川越駅 西川越駅 的場駅 西大宮駅
JR武蔵野線
南浦和駅 武蔵浦和駅 新秋津駅 東所沢駅 北朝霞駅 西浦和駅 東浦和駅 東川口駅 越谷レイクタウン駅 吉川美南駅
JR東北本線
大宮駅 蓮田駅 久喜駅 土呂駅 東大宮駅 白岡駅 新白岡駅 東鷲宮駅 栗橋駅
JR高崎線
浦和駅 上尾駅 桶川駅 宮原駅 北上尾駅 北本駅 鴻巣駅 吹上駅
西武池袋線
大泉学園駅 東久留米駅 清瀬駅 秋津駅 所沢駅 西所沢駅 小手指駅 狭山ヶ丘駅
西武狭山線
下山口駅
西武新宿線
所沢駅 南大塚駅 本川越駅
東京メトロ有楽町線
和光市駅 地下鉄成増駅
都営三田線
西高島平駅
都営大江戸線
光が丘駅
埼玉新都市交通
大宮駅 鉄道博物館(大成)駅 東宮原駅 今羽駅 吉野原駅 原市駅 沼南駅 伊奈中央駅 羽貫駅 内宿駅
東武伊勢崎線
谷塚駅 草加駅 獨協大学前駅 新田駅 せんげん台駅 武里駅 一ノ割駅 春日部駅 姫宮駅 東武動物公園駅 和戸駅 鷲宮駅 花崎駅 加須駅 南羽生駅
東武日光線
栗橋駅 東武動物公園駅 杉戸高野台駅 幸手駅 新古河駅
東武野田線
北大宮駅 大宮公園駅 大和田駅 七里駅 岩槻駅 東岩槻駅 豊春駅 八木崎駅 藤の牛島駅 南桜井駅
東武東上線
川越駅 成増駅 和光市駅 朝霞駅 朝霞台駅 志木駅 柳瀬川駅 みずほ台駅 鶴瀬駅 上福岡駅 新河岸駅 川越市駅 東武霞ヶ関駅 鶴ヶ島駅 若葉駅 坂戸駅 北坂戸駅 ふじみ野駅
東武越生線
坂戸駅 一本松駅
埼玉高速鉄道
東川口駅 川口元郷駅 南鳩ヶ谷駅 鳩ヶ谷駅 新井宿駅 戸塚安行駅 浦和美園駅
日暮里舎人ライナー
舎人公園駅 見沼代親水公園駅
湘南新宿ライン高海
大宮駅 浦和駅

木造軸組工法の話

木造住宅

構造の話①では一般的に建売住宅で使用されている木造軸組工法と耐震等級についてご説明いたします。

木造軸組工法とは?

木造軸組工法は現在日本でいちばん多く採用されている代表的な工法で、柱(縦の構造材)に梁(横の構造材)を組み合わせて建てることから「軸組み」と呼ばれます。また、在来工法伝統工法とも呼ばれ、法隆寺の五重の塔や歴史あるお寺や神社、古民家などでも採用されています。

木造軸組工法

こんな感じでお家が建っていく姿を見かけると思います。

木造軸組工法のメリット・デメリットは?

メリット

メリット①:外壁・屋根の形状など構造の自由度が高い

木造軸組工法は柱と梁を組み合わせた建築方法のため、柱と梁が充分な能力を発揮できる条件下であれば、外壁や屋根の形状や間取りに自由が利きやすいメリットがあります。

メリット②:増改築がしやすい

間取りの自由度が高くなるメリットは、リフォームのような増改築のときにもフレキシブルな対応ができるということです。たとえば「ここに収納が欲しい」「子供が独立したから夫婦2人の生活がしやすい間取りにしたい」など、ちょっとした工事から大がかりなリフォームまで、柱と梁を重視する木造軸組工法ならではのメリットを発揮できます。

メリット③:開口部が広く取れる

木造軸組工法は開口部が広く取れるため、窓や玄関の出入り口を大きめに作ることができます。採光や風通し、出入りの手軽さは快適な生活にとって欠かせません。家族全員が気持ちよい生活空間を作ることが可能です。

デメリット

木造軸組工法には当然デメリットもあります。ただ、デメリットを解消できる方法もありますので、あわせてご紹介します。

デメリット①:耐震性・防火性の対策が必要

耐震性への不安は適切な耐震設計や部材の使用によって軽減することができ、すべてのハウスメーカーは必ずそのための努力をしています。

日本の建築法における耐震基準は非常に厳格で、少しでも基準を満たさないものを住宅として建てることは許されません。そのため、すべての住宅は耐震性に関する対策をおこなっています。

防火性に関しての不安も、木造建築においては当然でしょう。もともと木材は単純に燃えやすいというわけではありません。燃えやすい部分、燃えにくい部分に分かれています。

木材の特徴としていざという時に外側が燃えると、その分で炭化が起こります。炭化した灰が酸素の供給を邪魔するため、心材は辺材に比べると燃えにくくなるのです。

昔の話ですが、海外では火災の際木造住宅は炭化の状態である程度の強度が把握できるが、鉄骨造の建物は見た目では強度の把握が出来ないので二次災害を防ぐ意味も含め2階以上の部分の救助義務がないということも御座いました。

デメリット②:木造住宅はシロアリに弱い?

木造住宅の場合、シロアリによる被害を心配される方も多いでしょうが、結論からいうと今の木造住宅ではさほど心配することはありません。かつての木造住宅の基礎の様に布基礎と呼ばれる、家の下の地面が露わな基礎だとデメリットとなっておりましたが、最近はベタ基礎という底一面が厚いコンクリートで覆われた基礎が主流です。シロアリは『ガラスと陶器以外は何でも食べる』と言われていますが、厚いコンクリートを食べ続けるのはほぼ不可能です。また基本5年に1度のメンテナンスでシロアリの害は防げると思います。

デメリット③:木造住宅の耐久性は!?

木は腐ると思っている人もいるかもしれません。確かに湿気には弱いものの、きちんと対応をすれば木造住宅はとても長持ちします。ちなみに世界で最も古い木造建築物は法隆寺の五重塔。築1200年以上の国宝です。また最近は築100年以上の木造の古民家も人気で、カフェやホテルにリノベーションされて注目されているケースもあります。つまり、それだけ木造住宅は本来耐久性があります。

構造については、弊社現地販売会場にて詳しく説明させていただくことも可能です。