JR京浜東北・根岸線
大宮駅 赤羽駅 浦和駅 与野駅 北浦和駅 南浦和駅 蕨駅 西川口駅 川口駅 さいたま新都心駅
JR埼京線
戸田公園駅 戸田駅 北戸田駅 武蔵浦和駅 中浦和駅 南与野駅 与野本町駅 北与野駅 日進駅
JR川越線
日進駅 指扇駅 南古谷駅 川越駅 西川越駅 的場駅 西大宮駅
JR武蔵野線
南浦和駅 武蔵浦和駅 新秋津駅 東所沢駅 新座駅 北朝霞駅 西浦和駅 東浦和駅 東川口駅 越谷レイクタウン駅 吉川美南駅
JR東北本線
大宮駅 蓮田駅 久喜駅 土呂駅 東大宮駅 白岡駅 新白岡駅 東鷲宮駅 栗橋駅
JR高崎線
浦和駅 上尾駅 桶川駅 宮原駅 北上尾駅 北本駅 鴻巣駅 吹上駅 さいたま新都心駅
西武池袋線
大泉学園駅 東久留米駅 清瀬駅 秋津駅 所沢駅 西所沢駅 小手指駅 狭山ヶ丘駅
西武狭山線
下山口駅
西武新宿線
新所沢駅 南大塚駅 本川越駅
東京メトロ有楽町線
和光市駅 地下鉄成増駅
都営三田線
西高島平駅
都営大江戸線
光が丘駅
埼玉新都市交通
大宮駅 鉄道博物館(大成)駅 東宮原駅 今羽駅 吉野原駅 原市駅 沼南駅 伊奈中央駅
東武伊勢崎線
谷塚駅 草加駅 獨協大学前駅 新田駅 せんげん台駅 武里駅 一ノ割駅 春日部駅 姫宮駅 東武動物公園駅 和戸駅 鷲宮駅 花崎駅 加須駅 南羽生駅
東武日光線
栗橋駅 東武動物公園駅 杉戸高野台駅 幸手駅 新古河駅
東武野田線
春日部駅 北大宮駅 大宮公園駅 大和田駅 七里駅 岩槻駅 東岩槻駅 豊春駅 八木崎駅 藤の牛島駅 南桜井駅
東武東上線
川越駅 成増駅 和光市駅 朝霞駅 朝霞台駅 志木駅 柳瀬川駅 みずほ台駅 鶴瀬駅 上福岡駅 新河岸駅 川越市駅 東武霞ヶ関駅 鶴ヶ島駅 若葉駅 坂戸駅 北坂戸駅 ふじみ野駅
東武越生線
坂戸駅 一本松駅 川角駅
埼玉高速鉄道
東川口駅 川口元郷駅 南鳩ヶ谷駅 鳩ヶ谷駅 新井宿駅 戸塚安行駅 浦和美園駅
日暮里舎人ライナー
舎人公園駅 見沼代親水公園駅
湘南新宿ライン宇須
土呂駅
湘南新宿ライン高海
大宮駅 浦和駅

旗竿地(敷地延長地)のメリット・デメリット

旗竿地ってどんな形の土地?

道路に接する部分が細長い、旗のような形の土地

旗竿地

家を建てるために土地探しを始めると、四角くて平らな土地(整形地)以外にも、三角形や五角形だったり、敷地内に高低差がある土地(不整形地)が販売されていることがあります。

不整形地の一つである旗竿地とは、道路に接する路地部分が細長く、奥にまとまった敷地がある形状の土地と一般的に言われています。旗竿地は敷地の利用価値が高い都市部で多く見られますが、その理由は、相続などの諸事情により持ち主が手放した土地を、売れやすい大きさ(価格)に分割して販売しているケースが多いようです。

旗竿地のメリットは?

土地価格が相場より安いのが大きなメリット

旗竿地のメリットを3つご紹介いたします。

【メリット1】価格が近隣相場より安い

不動産業界では、土地を取引する際、整形地か不整形地かによって査定額を補正する事が多いです。補正の結果、同じ広さでも不整形地の方が土地の坪単価が割安になるケースが一般的です。

「旗竿地は不整形地のため、近隣の整形地の相場より割安で購入できることが多いです。
あるケースでは、同一区画で【成形地】と【旗竿地】が販売されており、旗竿部分を除いた面積が同じなのに旗竿地の方が安い金額で販売されておりました。坪単価で考えますと旗竿地は路地部分を含めた面積で割り返すため、かなり安くなります。」

【メリット2】道路から離れているので静かな暮らしを送りやすい

旗竿地の場合、家が建っている部分は道路から奥まっているため、静かな環境を得やすいのもメリットと言えます。道路を通る自動車の音や、通行人からの視線が家の中には届かないため、静かな環境で暮らしが楽しめると思われます。

【メリット3】路地部分を活かしたプランニングができる

注文住宅を建てる場合、敷地内に駐車スペースを設けることと思います。
一般的な土地形状の場合、まずは駐車スペースを必要台数分だけ確保し、残った部分に家を建てることになります。一方、旗竿地の場合、路地部分を駐車スペースとして使えるため、奥の敷地部分をフルに活用したプランニングが可能です。

旗竿地のデメリットは?

旗竿地は安くて静かに暮らせてデメリットはないのでは?

そんな事はありません。不動産会社によっては、デメリットをお伝えせずに旗竿地を販売している会社も多々見受けられます。それでは旗竿地の代表的なメリットを3つご紹介しましょう。

【デメリット1】車の出入りがしづらい場合もある

旗竿部分の幅にもよりますが、スムーズに出入りするには最低2.5mは必要となります。
車の幅+50cmは最低無いと出入りは困難になるでしょう。

【デメリット2】建築費や外溝工事費が高くなることがある

建築面において、旗竿部分の幅(最低2mはあると思うのですが・・・)によっては、建築工事の際の重機が敷地内に入ることが出来なく大工さんが手積みで建築せざるを得ない状態が御座います。
当然機械で材料を持ち上げるのと比較して時間が掛かってしまう為、人件費がプラスとなり建築費が高くなる場合が御座います。
外溝面では同じ広さの四角形の土地と比べると、外溝(塀など)が長くなります。よってブロック塀やフェンスを設置する際の費用が高くなります。

【デメリット3】売却時に後悔する事も

これが一番大切な事だと思うのですが、本来不動産会社が伝えないといけない事なのですが、伝えるとその物件が売れなくなる可能性が高くなるので・・・伝えていない事の方が多いのが現状です。
ズバリ

売却の際、一般のお客様向けでしか販売できなく時間がかかる

建売業者の多くは基本的に【旗竿地の1区画】は買取不可としている業者が多いです。
理由は【メリット1】記載の内容+【デメリット2】記載の内容です。
言葉を選ばず説明いたしますと、
安くしか売れない物件に割高な建築コストをかける=利益が取れないので買取不可
ということです。

まとめ

不動産購入は将来の事を考えて購入する必要が御座います。
将来=売却する・相続する
という事です。
相続された物件の売却理由で最も多いのが「自宅を購入しているので相続した家を使わない」「相続人が複数いるので売却してお金を分ける必要がある。」となってります。
不動産=負動産とならないようしっかり計画を立てて購入してください。

弊社なら仲介手数料無料で購入できますので、仲介手数料分を物件価格に充当する事が可能です。
お気軽にご相談ください。